月末に1か月間の振り返りを確認してますか?

1一に単位では進歩が確認できなくて当然です。
でもそれが1週間単位なら?
また
それを4回繰り返した月単位なら?
きっと自分自身の進歩も反省も見えてくるものです。

ですから月末には一度 その月の成果の棚卸をするようにしましょう。
頑張っているのにまったく成果が上がらない時には
・度慮育そのものが足りない
・努力のいやり方が間違っている
のどちらかかもしれません。
単純にうまくいかないかたと落胆するよりもそのことに気づき改善することのほうがとても大切です。

うまきったこと
うまくいかなかったこと
どちらもごまかすことや言い訳をすることなく自分で分析をし、翌月の行動計画の指針にしましょう。

成果以上に大切なのは
「これだけは実行しよう」
と決めたことを実行できたかどうかなのです。
人間 思った通りのせいかなんて出ることはありません。
なぜなら計画は思った通りにいかない方が当たり前だからです。
でも、翌月も同じやり方では成果はおのずから目に見えてきます。
だからこそ、月末には一度その月の振り返るとすることをおすすめしているのです。

確かに月末は雑用などが多く重なりなにかと時間がとられてしまって、その月の振り返りをする時間は確保できないかもしれません。
しかし、無理をしてでも月末にその月の成果や反省点を振り返り翌月への指針とすることはとても大切なのです。
できればそのふりかえりは
2ヵ月前
3か月前
半年前
その時にどう考えていたか?
それも振り返ってみましょう。
そうすることでよりよい改善点が見つかりやすくなります。
あの時は成果が出ない原因はこう考えていた?
しかし、原因はどうも違うようだ
そう考えて、今月はこんな行動をしてみた
そうすると結果はこうなった。
さまざまな結果が見えてくれば、翌月はきっと良い結果に一歩近づくことが出来ます。

ですので手帳にはその月の振り返りを記録するページを作っておいてください。
それを俯瞰的に見直す習慣も大切なんです。
高齢者 見守り ネット環境なし

人は眠らないとどうなる?記憶の欠落や幻覚や手足の震えがくる

人は眠らないとどうなるのか?
まさか死んでしまう?
と言ってもその前に眠ってしまいますよね。
ただマウスなどの実験で、2~4週間の間ずっと眠らせずにいさせると全個体が死んでしまったそうです。

では実際に人間が眠らないとどうなるのか?
実験結果もあったのでご昇華しひておきます・
①目の焦点が定まらなくなる
眠らずにいると目の焦点が合わなくなってきます。
こうなってくるとテレビを観たり本を読むことも辛くできなくなります。
②幻覚を見るようになる
たとえば道路標識が人間に見えたりという幻覚症状が現れます。
③記憶の欠落
目を開けて起きているのになかば寝ている状態にお陥ることがありまsづ。
そうすると記憶の欠落も起こりはじめます。
これは自分では気づかないのに脳が眠っている「マイクロすりうーぷ」の状態が起こるからです。

④ロれるが回らなくなる
眠らないと脳の動きが緩慢になりうまく話せない、ろれつが回らなくなります。
また話し方も抑揚がなく、一本調子の話し方になります。

⑤指や眼球が震える
寝ずにいると徐々に眼球や指に震えが現れてきます。
瞼を上げようとしても上がらない
眼球が細かく震える
という症状が現れます。

睡魔には誰も勝てませんし、それにあらがうこともできません。

眠らせない
これはひとつの拷問かもしれません。
スパイを自白させるのに眠らせないようにするのはよく映画やテレビで見たことがあるはずyです。
それくらいお「眠らない」というのは人間委は辛いことなのです。

このように睡眠不足は人間の身体や脳に大きな悪影響を与えます。
テスト前の一夜漬けの徹夜程度ならいざ知らず
何日も眠らないというのはかえって逆効果なのです。

最高のパフォーマンスをするには睡眠が重要なのはおわかりになったはずです。
あなたのまわりにも昼行燈のような起きてい売るのか?寝ているのか?わからない人もいるはずです。
そんなことにならないうようしっかり眠って叱り仕事や勉強をするほうがかえって好悪率的なのです。
NELLマットレス 店舗