介護報酬次第で大きくあくぁる介護事業者の売上

利用者さんい同じ介護サービスを提供しているのに介護事業者の売り上げが大きく減る場合があります。
それはなぜでしょうか?
実は介護事業者の売上って介護保険が適用されるサービスや利用者のい要介護度に応じて設定される介護報酬に大きく影響されるからです。
基本的にはサービスの難易度が高く利用者の要介護度が高ければ高いほど、介護報酬も高く設定されています。

介護報酬の単位は1単位=10円が基本とされています。
地域別に基本単位(点数)が設定されていて、事業社のサービス体制や地域、利用者の人数や状況に応じて加算・減算されます。
介護事業者は、介護報酬に1割から2割を利用者から受け取り、残りは市町村から介護報酬を受け取ります。

■介護事業の経費はほとんどが人件費
介護事業所の経費の中でそのほとんどを占めるのが人件費です。
その人件費が占める割合はなんと7割にも及ぶとされています。

■介護事業の利益率
介護事業における利益率はそのt例供するサービスの種類によって大きく異なりあmす。
好悪政労働省の調査によると
通所介護が10.6%
介護老人福祉施設が8.7%
訪問介護が7.4%
介護老人保健施設が5.6%
程度とされています。
また訪問入浴介護や地域密着型サービスなどは利益率も低く、居宅介護支援ではマイナスとなっています。
通所サービスや施設サービスなど位の利益率が高いのは、施設に利用者を集めてサービスを提供することができるからかもしれません。
特に介護保険施設の併設施設では通所サービスbの鉄橋は一部の施設も供用できるためサービス提供に効率化ができるからです。

そこで多くのところが介護保険施設と併設型施設を作りました。
でも厚生労働省が制度改正で通所介護や介護福祉施設の介護報酬を引き下げてしまったのです。
これによって大幅に売り上げが下がってしまった介護じぎぃう者はたくさんあります。
コロコロと変わる介護報酬形態に振り回されるのが介護事業者の宿命でもあります。
まだまだ政府もわからないことが多いのが介護の世界ですから仕方ないことでもあります。
実務者研修 働きながら どこがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です