100回好きと言われて、やっと1回好きと言われた気分になるのが女性の耳

「好き?」と「女性から聞かれて
「ん?好き」
とやっと答えるのが男性です。
でも、この程度では好きっといった子地にはならないことを男性は肝に銘じておくべきです。
実は100回好きと言われて初めて1回「好き」と言われた気分になるのが女性の耳なのです。
世の男性陣は「好き」という言葉が足りなすぎます。
いや、言ったつもりになっているだけなんですy。

「好き」という言葉を面倒くさいと思う男性はハッキリ言ってモテません。
モテる男ほど24時間365日朝から晩まで「好き」と言っているのです。
「好き」というくらいにお金はかかりません。
「好き」というのに時間は1秒程度しかかかりません。
「好き」というのに電話やメールなら時と場所を選びません。
そんな簡単なことなら女子絵のためにやってあげませんか・

そんあ「好き」だなんて何回も言ってられないよ・・・
そういう男性はその女性の好きな部分を発見できていないのです。
例えば
「髪型が好き」
「そのお化粧が好き」
「すっぴんが好き」
お風呂上がりの君が好き」
「笑っている顔が好き」
「寝顔が好き」
いろいろ好きなところはあるはずです。

何か話している時に好きをつけ足せばいいだけなのです。

しいていうのなら相手の欠点を好きと言ってあげることです。
欠点を見せるということはあなたにすべてをさらけ出している証拠です。
相手の欠点を多く見いだせる男性ほど、その人のことが好きだということなんです。
欠点があるから嫌いなになるのではありません。
欠点以上に好きなところがあるいから好きなのです。
良いところがあるから欠点が許せるのです。

でも、気をつけないといけないのがこれは男性目線で合って女性目線ではないのです。
女性は冷める時は一気に冷めてしまいます。
今までの許せていたことが突然許せなくなるのです。
これはよく成田離婚は良い例です。
一緒になって、結婚して初めて相手の嫌なところが目について一気に冷めてしまうのです。
そうならないためにも毎日24時間365日好きって男は言ってい負ければならないのです。
アノコイデリケートジャムウ 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です