100回好きと言われて、やっと1回好きと言われた気分になるのが女性の耳

「好き?」と「女性から聞かれて
「ん?好き」
とやっと答えるのが男性です。
でも、この程度では好きっといった子地にはならないことを男性は肝に銘じておくべきです。
実は100回好きと言われて初めて1回「好き」と言われた気分になるのが女性の耳なのです。
世の男性陣は「好き」という言葉が足りなすぎます。
いや、言ったつもりになっているだけなんですy。

「好き」という言葉を面倒くさいと思う男性はハッキリ言ってモテません。
モテる男ほど24時間365日朝から晩まで「好き」と言っているのです。
「好き」というくらいにお金はかかりません。
「好き」というのに時間は1秒程度しかかかりません。
「好き」というのに電話やメールなら時と場所を選びません。
そんな簡単なことなら女子絵のためにやってあげませんか・

そんあ「好き」だなんて何回も言ってられないよ・・・
そういう男性はその女性の好きな部分を発見できていないのです。
例えば
「髪型が好き」
「そのお化粧が好き」
「すっぴんが好き」
お風呂上がりの君が好き」
「笑っている顔が好き」
「寝顔が好き」
いろいろ好きなところはあるはずです。

何か話している時に好きをつけ足せばいいだけなのです。

しいていうのなら相手の欠点を好きと言ってあげることです。
欠点を見せるということはあなたにすべてをさらけ出している証拠です。
相手の欠点を多く見いだせる男性ほど、その人のことが好きだということなんです。
欠点があるから嫌いなになるのではありません。
欠点以上に好きなところがあるいから好きなのです。
良いところがあるから欠点が許せるのです。

でも、気をつけないといけないのがこれは男性目線で合って女性目線ではないのです。
女性は冷める時は一気に冷めてしまいます。
今までの許せていたことが突然許せなくなるのです。
これはよく成田離婚は良い例です。
一緒になって、結婚して初めて相手の嫌なところが目について一気に冷めてしまうのです。
そうならないためにも毎日24時間365日好きって男は言ってい負ければならないのです。
インナーブラン 口コミ

実家が片付かないのは子供の荷物も大きな原因

子供の事情から
「自分の家には置けないから実家に置いておこう」
そんなにもちはありませんか?
スキーやサーフボードなどのレジャー用品
自分の子供の頃の思い出の品
も言う着なくなった捨てられない洋服
そんな風に実家を自分の物置代わりにしている子供がどれだけ多いことか・・・
それなのに
「父さん、母さん もっと家の中を片付けてよ」
なんて言っているのです。
たぶん子供自身はたくさんの自分の荷物を実家におピていることすら忘れているのでしょう。

親が亡くなって、いざ実感を片付けようとしたら
あるわあるわ
親の荷物ではなく子供の荷物がどんどコドン床出てくるのはよくある話なのです。

ですから、まず子供が
実家に置いてある自分の荷物から片付ける
ことが大事です。

例えば
ひとり暮らしを始めた時にもう聞かないけれど捨てられないレコードなんか実家に置いていませんか?
昔ハマっていたサーフィンやスキーなどの趣味の道具を実家に置いていませんか?
昔に買った本などが大量に実家にありませんか?
それらは子供にとってはもう不要な物ばなりです。
さらに親からすればもっと不用な物なのです。
でも、だからといって親が勝手に子供の物をp所為分することが出来なかったんです。
その結果、実家が片付かないのです。
子供の荷物を処分するだけで、実家には大きなスペースが空きます。
大きなスペースがあれば、片付けも相当ラクになるのです。

実家を片付けたいと思ったら
まず実家にある子供の荷物は子供が率先して片付けなければなりません。

親の荷物委の整理や処分はその後です。

今度帰省した時に
子供のあなたの荷物が
どこに?
どれだけ?
あるのか確認してみましょう。
おそらく相当な量があるはずです。
それを親に処分数rことを頼んでいてはいけません。
檻を見て子供のあなたの荷物を処分するための帰省を考えなければなりません。

今は物を捨てるにも大変手間がかかる時代です。
1回や2回や帰省では片付かないかもしれません。
しかし、実家の片付けはまずそこからなんです。
実家 売却 手順