ビジネスで成功したいなら100人に受けるより1人のファンを獲得せよ

とかくビジネスでは万人受けを狙ってしまいます。
でも、これは大企業の戦略です。
零細中小企業にはそんな芸当はできません。
限られた資金やリソースを一点集中しないと会社は存続できません。

ある居酒屋さんの店主がこう言っていました。
「昔は◎民や白◎屋が繁盛していたのでそんなスタイルも目指してみたがうまくいかんかった。
 大手のチェーン店みたいにたくさんのお客を呼んで繁盛店にすることばかりを考えていた。
 メニューや価格設定までなにかななにまで真似をしたんだ。
 それが繁盛の秘訣だと思ってね。
 そして、いずれたくさんお店をオープンさせることを夢見ていたんbンだ。
 で、その結果がこれさ。
 結局、最初の一店舗も黒字にすることすら出来なかったのさ」

そんな一度は失敗した居酒屋おーなーがふっかつをとげたのはなんとお笑いタレントのインタビューだったそうです。
彼は正直冠番組を持つような人気芸人ではありません。
どちらかといえば、体を張ったり、痛いことや辛いことや熱いことのリアクション芸でその場を盛り上げるタイプの方です。
居酒屋オーナーが言うには
「あの芸人の◎◎さんはね、インタビューでこう言ったんだ。
 『100人のうち5人、俺の芸のファンになってくれればそれでいい』
いやあ、ガツンと頭を殴られた感じがしたよ。
たしかに自分がメインのMCではないけれど、彼がいつもテレビでよく出ているのはのそのリアクション芸に数は少なくても一定のファンがいるこの証明なんだよね。
それが彼の強い武器なんだよ。
これ、うちの居酒屋に一番なかった部分なんだよね。」

そこから彼の居酒屋の快進撃は始まりあmした。
大手居酒屋チェーンのやりか茶はきっぱり捨てて、差別化路線に舵を切ったのです。
客単価も上げ、料理も個性的な、物に買えました。
万人受けを止め、一部のマニアックな店を作り上げて、かなりの常連客を獲得することが出来て、今は彼の居酒屋さんは大繁盛なのである。
署名ドットコム 評判 感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です